Cupid's Dead


記事の内容

前へ | 次へ

楽曲解説vol.9「抱きしめたい」
2007/07/31 00:29

かなり久々で失礼致しました。ケンケンさんの孤軍奮闘に涙し、反省しております。今度のリハではケンケンさんにお礼をしたと思います、ゲンコツとか・・・。

「抱きしめたい」は記念すべきCupid's Deadファーストライブでやったのですが、その時はメロコア風(メンバーは青春パンクと言う・・・。)だったのだが、HeEさんアレンジでなかなかかっこ良くなりました。この曲を作ったのはちょうど9・11後、アメリカがアフガンに侵攻した時。この矛盾や虚しさ、悲しみ苦しみを伝えたいと思った。悲しみや苦しみの感情を主観で矮小化したり、拡大化したりするつもりは無いが、世界で起こる様々な出来事を自分自身とに相対化し、かつ、何かが出来れば良いねという話し。もちろん等身大なんてクソクラエです。

ちなみにこの曲はベートーベンの「悲愴」が悲しみのメタファーになっていたりします。

抱きしめたい

もしも君が僕にとって つまらない事で 
ふさぎ込んでいるなら そっと耳もとで語ろう

世の中には腹を空かして  死んで行く子どもたちを
ただ無力で見守るしかない 悲しみがある

訳もなくただ世界が悲しくて 涙あふれたなら 
そんな時は何も言わず ステキな君を 抱きしめた Oi


世の中には自分勝手な 争いに巻き込まれて
ただ無力で逃げまどっている 悲しみがある

訳もなくただ世界が悲しくて 涙あふれたなら 
そんな時は何も言わず ステキな君を 抱きしめたい Oi


見ない聞かない関係ない そんな世界の中で
僕らはちっぽけ微力だけれど無力じゃない


もしも君が僕にとって つまらない事で 
ふさぎ込んでいるなら そっと耳もとで語ろう

世の中には限られた命しか持たぬ子どもたちが
精一杯生き抜こうとする魂がある

訳もなくただ世界が悲しくて 涙あふれたなら 
そんな時は何も言わず ステキな君を 抱きしめたい Oi

カテゴリ:音楽

前へ | 次へ

コメントを見る(1)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog